新着情報

  • HOME
  • 新着情報
  • 抱っこで自転車、悲劇生んだ 子ども死亡、母を書類送検

抱っこで自転車、悲劇生んだ 子ども死亡、母を書類送検

 電動自転車で走行中に転倒し、抱っこしていた当時1歳4カ月の次男を死亡させたとして、神奈川県警は14日、横浜市都筑区の保育士の母親(38)を過失致死の疑いで書類送検した。県警への取材でわかった。専門家や業界団体は、乳幼児との同乗はバランスが不安定になりがちだとして注意を促している。

 県警都筑署によると、母親は7月5日午前8時25分ごろ、同区の市道で、次男を抱っこひもで前に抱え、左手首に傘を提げた状態で電動自転車を運転。過失によって転倒して次男の頭を強く打ち付け、死亡させた疑いがある。雨が降っていて母親はかっぱを着ていたが、提げていた傘が自転車のフレームと前輪の泥よけの間に挟まったことで、ハンドルが動かなくなり、転倒につながったと署はみている。

 母親は前部の幼児用座席に事故当時2歳だった長男を乗せ、次男とともに保育園に送り届ける途中だった。ヘルメットをかぶっていた長男にけがはなかった。自転車は前後に幼児用座席が取り付けられ、幼児2人を乗せる安全基準を満たしていたが、後部席には荷物を置いていたという。


 悲しい、本当に悲しいです。頑張っているお母さん方を知っているだけに余計そう思います。保育士であるお母さんは三人乗りの危険性は十分に分かっていたはずです。でも、1歳4ヶ月では前にも後ろにも一人で座らせるのは無理でしょう。ですから抱っこひもでしか連れていけなかったのかなと思います。
 そんな小さな子にヘルメットは首に負担がかかりすぎると思われたのかな。でも一つだけ大きなミスは手首に傘を下げていたこと。揺れて前輪に巻き込むとハンドル操作ができず、簡単に転倒します。当園職員はハンドルに下げていて同じように転倒しました。傘はタイヤに巻き込まないように固定するしかないと思います。
 一生懸命お子さんを育てながら、仕事もしていた頑張り屋さんのお母さんなのに、大事な我が子を自分のミスで亡くしてしまい、その上に書類送検とは・・・。慰めの言葉が見つかりません。私たちにできることは、この事故を教訓として心に刻み、二度と同じ事故を起こさないように気をつけることだと思います。

 心よりお悔やみを申し上げます。
page top