新着情報

  • HOME
  • 新着情報
  • いよいよ音体フォーメーションの練習が始まりました。

いよいよ音体フォーメーションの練習が始まりました。

 毎年の事ですがお隣の若葉高校のご協力を得て、毎週火水曜日の午後1:00~3時の間グラウンドの一部をお借りして練習します。

 2時間も練習するのかと思われるかもしれませんが、午後1:00から音体のラインをひき、それからフロント楽器の設置、太鼓をカバーから出して並べ、カラーガードの手具を準備します。これらはどんなに急いでも30分位はかかるので、時間との勝負です。
 子どもたちは準備が出来上がる時間に合わせて園を出発します。学年別に合わせたり、パート別に合わせたり、10分~15分おきに交代し給食室で用意したウォーターサーバーから給水をします。
 グラウンドなので木陰がないように思われますが、奥の建物の横辺りは日影ができますので、そこで休憩を取っています。職員も随時給水を行っています。また、体調が悪くなった場合用に、冷やした保冷材やOS-1も必ず持って行っています。
 とても暑い日が続いた今年ですが、最近は気温差が激しいため体調を崩しているお子さんもいらっしゃるので十分に注意しながら練習して参りたいと思います。

 このように交代で練習し最後1回全員で合わせて練習は終了です。遅くとも午後2時半には練習を終わり、職員が子どもたちを園に連れて帰り、足を洗っておやつの準備に入ります。グラウンドでは残った職員が2トントラックに全ての楽器を積み込み、最後に石灰で引いた音体ラインを消してグラウンドを後にします。3時には若葉高校の体育の授業があるのでこれまた時間との勝負です。

 今月30日は校区の運動会での発表がありますので、何とか最後まで通せるように指導してゆきたいと思います。子どもたちも頑張っていますが、同時に職員も子どもたちが音体好き!頑張った!と思えるような活動になるよう一生懸命努力しています。

 最後になりましたが、グラウンドでの練習は以上児担任だけでは到底できません。未満児の職員が交代でラインをひいたりしてオール大日で頑張っています。唯一の男性保育士の橋本も、荷物の積み下ろし、トラックの運転など大活躍です!
page top