新着情報

  • HOME
  • 新着情報
  • <スマホ自転車判決>「空虚な謝罪」元女子大生に有罪判決

<スマホ自転車判決>「空虚な謝罪」元女子大生に有罪判決

 スマートフォンを操作しながら自転車を運転し、歩いていた高齢女性にぶつかって死亡させたとして、重過失致死の罪に問われた元大学生(20)に、横浜地裁川崎支部は27日、禁錮2年、執行猶予4年(求刑・禁錮2年)の判決を言い渡した。裁判長は「周囲の安全を顧みない自己本位な行為で過失は重大」と述べた。

 判決によると、被告は昨年12月7日午後、川崎市麻生区の市道で、電動アシスト自転車を運転中にスマホ操作に気を取られ、歩道にいた無職女性(当時77歳)に衝突し、2日後に死亡させた。

 被告は耳にイヤホンをつけて音楽を再生し、飲料容器を持った右手でハンドルを握り、左手でスマホを操作しながら自転車で走行していた。判決は、危険を察知したとしても直ちにブレーキなど必要な措置を講ずることができない状態で、人に衝突すれば死傷させ得るという自覚も欠いていたと指摘した。

 被告が「急いでいたことが事故原因」と述べたことに対し、江見裁判長は「自らの運転態度について内省が深まっていない。遺族の処罰感情が、被告の空虚な謝罪で和らいでいないのも当然だ」と述べた。

 女性の遺族は「判決内容は、母の命の重さに対し、非常に軽いものだと感じる。母の死が無駄にならないよう少しでも事故が減ることを願う」とコメントした。


無茶苦茶な状態で自転車を運転し死亡事故を起こした人に対しての、判決が重いか軽いかは別として、大した反省も感じられない被告がまた同じような事を繰り返さないことを願うのみです。
 元大学生と書いてありましたから、大学は退学したのでしょうし、今後は民事で損害賠償責任を追及されることになるでしょうから、彼女の人生は前途多難です。
 自分勝手な行動が人の命を奪い、その上自分の人生さえも棒に振ってしまったことを心に深く刻まなければならないでしょう。
page top