大日保育園のご案内

  • HOME
  • 大日保育園のご案内

ごあいさつ

ごあいさつ

子どもたちにとって必要な環境を常に追求しています。

赤ちゃんは140億ともいわれる脳の神経細胞を持って「ヒト」として生れてきます。その「ヒト」が繰り返し周りの環境を経験し、吸収することで少しずつ「人」になっていきます。

日本人として生まれても、赤ちゃんのうちからアメリカ人がアメリカで育てれば英語が母国語になり、ネイティブアメリカンとして成長します。万が一、狼に育てられれば「狼」のようになってしまうという話はお聞きになったことがあるのではないでしょうか。
このように人の子どもは「人種」などを軽々と飛び越え、さらに「人とは違う種」にすらなってしまう力を内蔵しています。他の動物と比べ、非常に不完全な状態で生まれてくるからこそ、何にでもなれる可能性があるのです。

子どもの脳は3歳までに約80%、6歳までに約90%完成すると言われています。保育園を卒園するころには、子どもの脳はほぼ完成されるということになります。(スキャモンの発達・発育曲線より)

福岡市内には250を超える認可・認定保育園がありますが、保育内容は千差万別です。お子さまが一日のほとんどの時間を過ごす保育園は、しっかりと見学のうえで選ばれることをお勧めします。近くにある保育園が、あなたのご家庭の保育観と近いものであるかどうかは分かりませんので、見学はとても大切です。
各園の方針の違いや特色にきっと驚かれると思います。
当園は、総合幼児教育研究会(総幼研※1)に所属し、子どもたちにどのような環境が必要かを常に研究しています。
※1 https://www.soyoken.com/

保育の特色

大日保育園指導理念
  • 最新の脳科学に基づいた教育観に立脚します。
    諏訪東京理科大学篠原菊紀教授監修研究事業(https://www.soyoken.com/interview/prof-shinohara/
    (社)国際知的財産研究機構の主任研究員柳澤弘樹先生監修研究事業https://www.soyoken.com/interview/prof-yanagisawa/
  • 幼児は未成熟ではありますが、この時期が最も発達すると信じます。
  • 知、情、体、三位一体の総合教育こそ、人間教育であると確信します。
  • 流れるような毎朝の体育ローテーションによって運動能力を養います。
  • 日課活動の繰り返しにより基礎能力を高め、創造力豊かで問題解決意欲の高い子どもの育成を目指します。
  • 言語能力は人間形成の基本として重視し、言葉・文字の経験を豊富にして文章表現を伸ばします。
  • 音楽、造形は既成観念にとらわれず、発達段階に応じて高めてゆきます。
  • 生活習慣の指導をし、自主自律のたくましい行動力を養います。

施設・環境について

1F

2F

3F

page top